睡眠文化研究会
Home概要講義講演会出版物メディア調査・研究ライブラリーお問い合わせ
Home > 出版物 > ねむり衣の文化誌

ねむり衣の文化誌 ねむり衣(ぎ)の文化誌

眠りの装いを考える

あなたは昼間の服のまま眠りますか。
それともパジャマのまま外に出ますか。
眠っている時間と起きている時間の境目があいまいになる今日。
睡眠への関心が高まるなかで、“眠るときの服”がいったいどのような状況におかれているのか。
日本とアジア、欧米との国際比較を試み、また歴史からも紐解いた一冊。

吉田 集而・睡眠文化研究所 : 編集
定価 : 1800円+税
発売 : 冬青社
(amazonからご購入希望の場合はこちら

【目次】

第一章 ねむり衣の楽しみ(吉田 集而/国立民族学博物館民族文化研究部 教授)

第二章 世界のねむり衣
  ねむり衣の四類型(吉田 集而/国立民族学博物館民族文化研究部 教授)
  日本のねむり衣の歴史
  (重田 眞義/京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科助教授)
  (鍛治 恵/睡眠文化研究所 主任研究員)
  ねむり衣とモード(深井 晃子/京都服飾文化研究財団チーフキュレーター)

第三章 現代のねむり衣
  ねむり衣の国際比較 眠るときに何を身に着けていますか?
  (重田 眞義/京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科助教授)
  (高橋 直美/睡眠文化研究所 主任研究員)
  カタログの中のねむり衣(高田 公理/武庫川女子大学教授)

付 章  寝室に渦巻く、「かわいい」ケータイ空間 『ルーパラ』における平成版「着所寝」
  (藤本 憲一/武庫川女子大学生活環境学部情報メディア学科助教授)

第四章 未来のねむり衣
  心地よいねむり衣の条件(田村 照子/文化・服飾学総合研究所所長)
  ねむり衣のファンタジー(朝比奈 由起子/大阪芸術大学講師)
  キトン 新しいねむり衣の提案(高田 公理/武庫川女子大学教授)

パネルディスカッション 新しいねむり衣の提案


Page topへ
著作権・リンクについて